Andy hello~アンディとキャプテン~

千葉県動物愛護センター出身 CACIから来たイングリッシュセターAndy 、そして お空に昇ったCaptainブログ  ☆ねぇ ママ…お手手とお手手を合わせて 南無したら キャプテンが消えちゃったんだよね。 それで お空に昇って 行ったんだよね。 あぁキャプテンがいたらなぁ…。 ほらっ!と空を指差す まぁ兄ちゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

知って下さい!

私は直接 レスキューに参加していません。
ボランティア活動もしていません。
でも 広めて伝えることをしようと思っています。




我が家の四男アンディの故郷
CACI(コンパニオンアニマルクラブ市川、ガンドックレスキュー)

ボラの皆様が助けようとしている・・・
センターの方も1頭でも多く助けようとしている・・・




この子は 『シェリー』ちゃん
子宮蓄膿症 糖尿病を抱え センターに収容されていた子。
病院に入院中
sheri-.jpgセター




そして『レイ』君
この子は骨と皮だけのガリガリにやせ細った状態でセンターに。


れい

rei2.jpgセター




その 『レイ』君 11月2日に 亡くなりました。。。
引き取った その日です。。。何時間の命だったそうです・・・

rei.jpgセター



レイはハワイ語で【花輪】
「Lei(レイ)」という言葉には、「繋がり」という意味もあり
誰かにレイをかけてあげるのは、「出会いに感謝して、繋がりを大切にする」という意味を含むそうです。
レイ君・・・ ボン様に素敵な名前をもらったね・・・





この子は目が見えていません。飼い主の持込です!!!
のちに 彼はキャプテンという名前をつけてもらい、CACIが保護しました。
hakunaishou.jpgセター


いつも思うの・・・
なんで こんな目に合わせる事が出来るのかな?って・・・
アルト君という子も亡くなりました。(CACIのぴくちゃん預かり日記)をご覧下さい。

ガス室って知ってますか?
安楽死だと思ってはいませんか?
センターで安楽死してもらえると思っていませんか?

何度でも書きます。
安楽死ではありません!!!
最期はもがき苦しみ死んでいくのです。
酸素が無くなり 呼吸出来ずに 苦しみ抜いて死ぬんです!!!

まだまだ その現実をわかっていない方も多くいると思います。
何年か前の私が そうでした・・・

その現実を知っているのにセンターに置いていく人間もいます。


私には理解できません。

ぜひ 見てください。
知って下さい。
目をそらさないで下さい。

   クリックすると このレイ君たちの記事が見れます。ぜひとも御覧下さい。

『センター子供達を救おう~届かぬ願い~』


そらせば 次の時代には この現実を
知らないままの子供が大人へと成長します。

私は子供に説明しています。
まだ理解は不十分かも知れません。
でも そのことが 可哀想だと・・・そうであってはいけないと
子供心にわかってくれています。


もう要らなくなった・・・家族として それで良いんでしょうか!?
子供は親を見て育ちます。
命の大切さ ペット パートナーとして迎えた動物達は
責任をもって 愛情をもって 家族のもとで最期を見送ってあげてください。






この記事 私は読んで 考えは同じだと思いました。
ただ この考えが全てではないと思う方もいらっしゃるかと思います。
でも読んで頂きたく 掲載致しました。



pet.jpg
Each year hundreds of dogs are abandoned
because their owners are tired of playing with them.

飼い主が遊び飽きたからという理由で
毎年何百頭もの犬が捨てられています



「野良犬・野良猫」と簡単に言います。しかし、もともとそんな犬猫はいません。「野良が生んだら野良でしょう」と言えない事はありませんが、もともと人間が飼育を放棄しなければ、野良犬や野良猫はいないのです。つまり、ノラはすべて人間が作ってしまったものなのです。

玩具のように安易に手に入れないで下さい。
繁殖をコントロールして、幸せにできない命は生ませないで下さい。
電池が切れた玩具のように捨てないで下さい。
迷ったり事故にあったりしないための工夫もしてください。


【飼う前に考える】

・「子どもが欲しがるから」という理由で犬猫を飼い始める人が圧倒的に多いと思います。しかし預かるのは命です。最後まで飼えるかどうか、よく考えましょう。

・犬猫とも寿命が延びています。少なくとも10年から15年…。飼って!とねだった子どもは、もう家にいない確率が高いのです。その時、残った家族が最後まで面倒を見られますか?特に大型犬の世話ができますか?

・犬猫が飼えない環境に引っ越す可能性はありませんか?

・食費は勿論のこと、予防や治療にかかる医療費のことを考えておられますか?「お金がかかるから、治療はいいです」と見殺しにされることが最も辛くて悔しい、とある獣医さんがおっしゃってました。

・高齢に伴い、寝たきりや認知症になる場合があります。手間もお金もかかります。最後まで家族として看取れますか?


【繁殖について考える】

・「うちの可愛い○○ちゃんの子が見たい」。誰でも思うことですね。でも、生まれてきた命全てを幸せにできるでしょうか?私は専門知識のあるブリーダーを除いては基本的に、どこかの時点で、雌雄とも去勢避妊をしたほうが良いと思っています。

・犬の場合ですが、オスは去勢によって発情期のストレス(メスのにおいを感じ取っても、行きたくても行けないという強いストレス)から開放されます。早めにすれば、かけ尿の習慣もつきません。メスの場合は子宮の病気がゼロになる他、乳腺の病気も減ります。いずれも子犬の頃のあどけない性格が保たれやすいといいます。

・「避妊はかわいそう」
 そう言い続けて100頭以上の犬を庭に飼い、ほとんどが皮膚病や寄生虫に冒され、近親交配で奇形も多く生まれ、共食いすら発生している現場を、私は知っています。これは極端な例ですが、一人がきちんと飼える頭数には限界があります。また、生まれた子を買ってもらったり、もらってもらうにしても、その先で幸せかどうか、私だったら気になってとてもだめです…。
 確かにからだにメスを入れるのはかわいそうですが、個々に良い世話が受けられない状況とどちらが「かわいそう」だと思いますか?

・「人間がコントロールするのは自然じゃない」
 という人もよくいます。しかし犬猫は野生動物ではありません。餌やねぐらを人間に与えられた時点で、すでに「人間がコントロールしている動物」なのです。
 あなたの犬猫が、人を見れば警戒し、好きな時に好きなところに糞をし、夜になれば狩りに出るというのであれば別ですが、いろいろな点で人間がコントロールしている家畜・ペットは、繁殖も人間がコントロールするべきではないでしょうか。彼らにはバースコントロールはできません。

・捨てる=手を汚さない犬猫殺し
 「誰ももらってくれなかったら保健所に連れて行くしかありません」という言い方でもらい手を探す人がよくいます。まるで他人の責任のようですね。
 処分場を知っていますか?たいていの場合「愛護センター」等の美しい名前がついていますが、毎日大量の犬猫が殺処分されています。ほとんどの場合、手間とお金のかかる「安楽死」ではありません。ガスにより悶絶し、苦しみぬいて死にます。子犬や子猫は、悶絶する大きな犬猫に踏み潰されて死ぬといいます。
 捨てるとか、保健所に連れて行くということは、これらを目の当たりにしないだけで、そして行政の職員に肩代わりさせているだけで、やっぱり犬猫殺しなんです。自分の手を汚さないで殺しただけなのです。

・「動物愛護団体があるから、なんとかなる」
 そういう考えの人もいます。でもどこも手一杯。「里親探し探しの手伝いはするが、引き取りはできない」というところが多いです。また、引き取っているところは数が多すぎて世話が行き届かず、結局は多頭飼育現場と変わらないような環境になってしまっているところもあります。さらに、その施設の周りに捨てに来る人が多く、近所とのトラブルも大変だそうです。
 愛護団体の預かりスペースは、「本当にどうしても飼えない状況になった」というケースのために空けておいて欲しいのです。例えば「一人暮らしの飼い主の入院、死亡」や「大きな災害で飼い主が避難生活中」といった場合です。


【迷子にさせない】

・室内飼いであっても、必ず名札をつけましょう。何のはずみで出るかわかりません。

・犬は雷などに驚いて飛び出すことがあります。雷や花火の時はドアの開閉を慎重に。

・雄犬は、去勢することによって、発情時の家出→野良化や捕獲死・事故死がなくなります。

・猫は外に出さないようにしましょう。室内飼いでも、外が見える高い場所などがあればじゅうぶん落ち着いて暮らせます。猫を外に出さないことで、交通事故死、ケンカによる死傷、猫エイズ等の伝染病から守ってやれます。
これを「かわいそう」という人もありますが、ペット事情先進国では、危険がいっぱいの外に猫を出すことを「虐待」と表記しているところもあります。


【迷子になったら】

・一刻も早く、警察と保健所に届け出ます。ぼんやりしていると捕獲→殺処分になってしまいます。

・写真入の張り紙を作り、近くのゴミ集積所・スーパーなど人が集まる場に貼らせてもらいます。貼り紙は、見つかればすぐに、見つからなくても汚くならないうちに回収しましょう。


【次の子を飼う時】

・流行犬種の子犬をショップで買うのも結構ですが、里親探し会などにも目を向けてくださいませんか。あなたとの出会いを待っている子がいます。その子の命があと数日で終わるのか、あと10数年続くのか…愛されることを知らずに死ぬのかそうでないのか…。それは誰かとの出会いにかかっています。

・成犬・成猫からでは、なつかないとか、しつけができないという人がいますが、全く間違いです。愛情はその子を変えますし、しつけはいくつになってもできます。救われたその子は必ずあなたに何らかの恩返しをしてくれると思います。たとえば抱かれることさえ嫌がっていた子が自分からあなたの膝に乗ってきたとき、あなたの心にどれだけ嬉しい灯がともることでしょう。素晴らしいことだと思いませんか? 


※いっけ様の記事より転載させて頂きました。無断転用は出来ませんので ご了承下さい。




ポチッと応援お願いします!
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト


  1. 2009/11/12(木) 10:37:40|
  2. 迷い犬|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

僕の家族旅行in箱根 | ホーム | いつも有難うございます☆

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/11/12(木) 16:53:29 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

鍵コメ様 こんばんは☆

このコメントに対しての お返事は 
そちらにお邪魔させて頂きコメントの返信をしました。
宜しくお願いします。
  1. 2009/11/12(木) 19:41:04 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

No title

転載ありがとうございます。
考え方はいろいろだと思いますが、悲惨な、腹立たしい現場を見た自分には、こうとしか書けませんでした。
反対意見もあっても、それはそれでもちろん良いのですが、ちょっと考えてみるきっかけになれば嬉しいです。
  1. 2009/11/12(木) 23:54:32 |
  2. URL |
  3. いっけ #oely/y8c |
  4. 編集

ほんとに、そうですね。

画像は1度見た事があります。電池ケースが目に刺さりました。。。
コートがうちのセーラに良く似ています。
胸が詰まります。(涙)

「レイ」くん、最後にでも、優しい、暖かい手を知る事が出来て、それだけでも
良かったと思わずにはいられません。
何度読んでも涙が止まりません。

たくさんの何故、犬や猫の何故?どうしてが、余りあるほど・・・いつになると
そうした事がなくなるのでしょうか?

私は遺棄する人、放棄する人を赦す事が出来ません。
呪いの言葉を口にしてしまいます。言霊はきっと私自身にもかえって来るでしょう。
それでも、逝く彼らの悲しみを思ったら・・・無事で過ごせると思うな、いつかその身に
跳ね返ってくるからと。。。

そんな風に思うことはいけないことなのです。
彼らはそんな事は思うことがありません。
だからより、愛しいのです。

全ての子が、幸せになれますようにと、願って止みません。

これを書くのに大変なエネルギーが要りましたね。
お疲れ様です。
  1. 2009/11/13(金) 01:17:23 |
  2. URL |
  3. シェイド #iAn.OV3g |
  4. 編集

No title

おばんです。
僕も最近猫を飼い始めた者です。
僕はここに書かれている面をすべて考慮した上で飼いました。
最後まで責任を持って
この子にここで一生過ごせてよかったと思ってもらえるよう
愛し続けていこうと思います。

この子はブリーダーさんから買ったのですが
里親になることも一時考えたのです。
ただいろいろと条件が厳しい面もあり
これではあまりにも面倒と思いあきらめました。
ただ里親に出された犬や猫が虐待されている現状もあるので
細かい条件が付けられるのは仕方がないにしても
もう少し飼いやすくしなければ
応募する前にあきらめる方もおおいのではないかと思うのです。

それと募集に応募しても返事がないものも多く
募集側にももっと責任を持って対応してほしいという思いもあります。

お互いが安心して付き合える環境を
もっともっと大切にしなければいけないと感じています。
  1. 2009/11/13(金) 01:46:48 |
  2. URL |
  3. じょにパパ #- |
  4. 編集

No title

はじめまして。

うちにも2匹の保護わんこがいます。

この子たちでわんこが家族になって5・6匹目の子です。

この子たちの前に15年いたわんこを亡くしてもう、わんこは・・・

それにペットロスに1年ほどなったために

まさかまたわんことの生活するとは思ってなかったし

私に飼う資格がないと思いました。

でも、公園でケガをしてる子に出会い、悩み、悩んでとりあえず保護しよう

それから考えよう。で連れて帰りました。

結局はうちの子になり、その後4年後昨年に突如現れたわんこ。

悩みに悩んで、明日里親探ししようで保護しました。

ですが・・・

地元の里親さがしの方に良い方向の話はしてもらえず、

保護したならあなたが面倒みてよって感じでした。

ボランティアさんも手一杯なのも承知でしたが

あまりにも冷たいように感じてしまいました。

今年9月に保健所わんこを引き出したいと思い、

友達も巻き込んで保護しようとしたのですが

あるボランティアさんに

「1時の感情だけで動かないでください。

ボランティアが動けないので変にでしゃばるな」

みたいな感じの言い方されてあきらめました。

結局その子は処分でした。

なんとか助けたいの気持ちが怖さにかわってしました。

殺処分、これさえない世の中で1匹でも多くの子が

幸せになれるようになってほしいです。

長々とすいません。

保健所のわんこは写真をアップして今、壁紙にしてます。

いつまでも忘れないように。
  1. 2009/11/13(金) 03:03:01 |
  2. URL |
  3. うーたん #N4sINcV. |
  4. 編集

いっけ様 こんにちは☆

転載お許しいただき感謝しております。
あれもこれもと伝えたいことは多く
でも言葉にするのは難しく・・・
この記事は伝えたい事が全て書いてありました。
その現場をみた いっけ様だから書けたのでしょうね!
そうですね 考え方は人それぞれです。
でも 行き着く所は一緒だと思っています。
少しでも そうなのか・・・と考えてもらえれば 私的にも嬉しいですv-410
  1. 2009/11/13(金) 09:12:25 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

シェイドさん こんにちは☆

あの電池・・・電池切れという意味と 玩具という意味があるのかな?と
見ていました。
そういえばコートがセーラちゃんに似ていますねv-390

レイ君、最期の最期にセンターから出て ボラの皆様の元で
過ごせて良かった。
たった何時間だけでもセンターから出て 人と一緒に居れて良かった。
でも これはレイ君の本当の幸せではないと思います。
レイ君の本当の幸せって 飼い主が迎えに来てくれて
生活する事だったんじゃないかなと思えて・・・

私も同じく 遺棄 放棄する人に
心の中で同じ目に合うからね・・・とつぶやいています。
言霊、跳ね返ってきてもかまいません!
間違ったことは言ってないつもりです。
自分は幸せになり その子たちは不安と寂しさと悲しさとを持って苦しみ死んでいく・・・
こんなことは 絶対に有り得ないと こんな不公平なことは
あってはならないと 思います。
あの子達は ただ ひたすら 信じて飼い主を待っているのでしょうね。
こんな世の中に終止符を打てるのはいつのことでしょうか・・・
たくさんの子達が幸せな家庭で過ごせることを切に願います。
  1. 2009/11/13(金) 09:35:22 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

じょにパパ様 はじめまして☆

こんにちは
コメント有難うございます。

じょに子ちゃん 可愛いですねv-343
我が家にも 知り合いが放棄した猫がいました。
私が6歳の時から20年共に暮らしました。

『僕はここに書かれている面をすべて考慮した上で飼いました。
最後まで責任を持って
この子にここで一生過ごせてよかったと思ってもらえるよう
愛し続けていこうと思います。』
じょにパパ様の お考えは素晴らしいと思います。
こんなに思ってもらえて 幸せに暮らしている じょに子ちゃん。
みんなが じょにパパのような お考えで家族として迎えてもらえたのなら
不幸な子達がいなくなるのに・・・

ブリーダさんから買う事に私は絶対的な反対ありません。
ただ ガラスケースに入れられ簡単に売られ・・・
また安易に購入する人もいて 放棄される子達もいます。
保健所も いわゆるブランド犬がたくさんいます。
こんなにも溢れている状態なのに
次から次へと繁殖させては 売られ 放棄されという現状はどうかな?
と疑問があるのです。

里親様になることを考えたとの事ですが
確かに条件等は厳しいと思います。
我が家のアンディもCACIからきました。
でも なぜに その条件を出してくるのか・・・
虐待も詐欺も あります。また再び放棄 遺棄される子もいます。
愛護団体の皆様は そのような事が二度と起こらない様に
細心の注意を払っているのだと思います。
私も その条件等の提示には賛成です。
一度 助けた命です。
里子に出した後も きっと その子に責任を持っているのでしょう。
里子に出した後 幸せに生活して欲しい。笑顔でいて欲しい。
これが 皆様の願いかと思います。

私も以前 個人的に募集をかけた子の事で今動いていますが
団体並みの厳しい条件の提示をさせてもらっています。
確かに やりとりも面倒臭いでしょうし、だったらいいやと言う方もいます。
避妊してから・・・となると返信すらない人も多数います。
そのなかでも 喰らい付いて来る方が その子の幸せな場所になると思っています。
初めは顔も知らない どのような方かもわかりませんので 慎重にならざるおえません。

応募しても返事のないもの・・・
それは失礼なことですね。。。人の気持ちを無下に扱ってはいけませんよね。

『もう少し飼いやすくしなければ・・・
お互いが安心して付き合える環境を
もっともっと大切にしなければいけないと感じています。』
確かに そうですね。
でも 悪い考えの方や安易な考えの方がいなくならない限り 無理なのかな・・・




  1. 2009/11/13(金) 10:23:10 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

うーたん様 はじめまして☆

こんにちは
コメント有難うございます。
クック&ルルちゃん。ブログ拝見させて頂きました。
食べちゃうんだv-371v-369・・・微笑ましいですねv-410

私は 二度と飼うものか!と思ってましたよ。
飼う資格がない・・・そんなことはないですよ。
実際にクック&ルルちゃんを保護されて幸せに生活されてますもんv-354

きっと里親探しの方も多忙なんでしょうね。。。
でも あなたが面倒見てよ!的な態度をする前に 
その方は説明すべきだったのかも。
事情を説明して 里親探しのアドバイスとかしてくれると良かったのになと思います。

『今年9月に保健所わんこを引き出したいと思い、
友達も巻き込んで保護しようとしたのですが
あるボランティアさんに
「1時の感情だけで動かないでください。
ボランティアが動けないので変にでしゃばるな」
みたいな感じの言い方されてあきらめました。
結局その子は処分でした。
なんとか助けたいの気持ちが怖さにかわってしました』
この子の話は涙ですね。。。
うーたんさんの心情を察すると・・・悲しいですね。
その子の命が助かったかも知れないのにv-390
確かに1時の感情で動くことは その子にとっては危険かもしれません。
そのボラさんは こんなに言っても それでも助ける!? 
任せても大丈夫なの? 的な その子の今後の確認をしたかったのでしょうか?
ただ 自分を否定された気がして そのような態度になったのでしょうか・・・

いずれにしろ 失ってしまった命・・・
壁紙になさっているんですね。
このように 優しい方に気にかけてもらえたこと
今でも忘れてはいないこと
処分されてしまった 子の最期の幸せですね。。。

飼い主が責任と愛情ををもって飼うことを望みます。
不幸な子達が・・・命の処分をする世の中がなくなることを願っています。
  1. 2009/11/13(金) 11:09:01 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

はじめまして

【繁殖について考える】が特に勇気のいる提言だと思います。
我が犬の子供が見たい!というのをブログで堂々と書かれてる方も多いですからね。
andy mama さんは犬ブログのどこのカテゴリーに属していますか?
セターのところに参加すれば、自宅繁殖を目論んでる方や、ペットショップ購入を考えてる方の目にも留まりやすいかと思います!
成犬からでもなつく、には大賛成です。
私もその誤解を解くようブログ頑張りますo(^^)o
  1. 2009/11/13(金) 13:38:58 |
  2. URL |
  3. もじ子 #- |
  4. 編集

はじめまして もじ子様☆

こんにちは
コメント有難うございます。

『【繁殖について考える】が特に勇気のいる提言だと思います。』
そうだと思います。
きちんとしたブリーダーさんもいるなか 絶対にダメだとは思いませんが 
個人で増やして 面倒が見れないという事態は避けて欲しいですね。
先住犬のマルチーズは自宅で繁殖させ多頭になり我が家で引き取った経緯があります。
最期は乳腺腫瘍で亡くなりました。

犬ブログの【大型犬】【元捨て犬】【狩猟犬】です。
イングリッシュセターのカテゴリーがなくアイリッシュセターのカテゴリーはありました。
セターのカテゴリーありますか?もう一度 確認してみますねv-410
ご提言 有難うございます!感謝致しますv-435

お互いにブログ頑張りましょうねv-220
応援しておりますv-82
  1. 2009/11/13(金) 14:16:08 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/11/13(金) 16:12:34 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

鍵コメ様 こんにちは☆

とても 優しい思いやりの心をお持ちなのですね。
影ながらですが 応援していますv-82

  1. 2009/11/13(金) 16:35:07 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

No title

初めまして いつも 楽しく そして 真剣に拝見させてもらっています
人間以外の動物が 他の命を奪う理由の多くは 
食料として 危険回避のため 強い子孫を残すため
もちろん全てがそうだとはいいませんが 人間のような事はしません
私達 人間のえごで 他の命を奪う 絶対にあってはいけないことだと思います

andy mama さんの 広めて伝える とても大切な活動だと思います
これからも応援していますので 頑張って下さい
私自信もなにか出来ることを 考えていきたいと思います

実は 我が家のルナも 諸事情で3歳の時に正式に私の家族となりました
私はルナにとって セカンドファミリーなのです
ルナを私の元に導いてくれたことを 心から感謝しています
  1. 2009/11/13(金) 20:11:20 |
  2. URL |
  3. tantanco #- |
  4. 編集

はじめまして tantanco様 

こんにちは
コメントありがとうございますv-354

いつもルナンポ楽しく見せてもらってますv-410
あのプロフィールの所のルナちゃんの写真 可愛いですねv-9
いつも訪問させて頂くと お耳上がって走っている姿を
見つめてしまいますv-398

『人間以外の動物が 他の命を奪う理由の多くは 
食料として 危険回避のため 強い子孫を残すため
もちろん全てがそうだとはいいませんが 人間のような事はしません』
そうですよねv-237
私達が 自分達の欲で 欲しがり 増やして もう不要になったからと
そんなことで命を奪うことはあってはならないと私も思っています。
玩具や流行などのファッション 道具として 扱っていること事態が問題ですよね。
物言わぬ動物だからと 心もあり 命もあります。

私は普通の主婦です。
小さな子供もいるので
私に 出来ることはアンディとの生活を伝えることです。
ブログ 結構 楽しんでいますv-410

ルナちゃんも そんな経緯があったのですね。。。 
『ルナを私の元に導いてくれたことを 心から感謝しています』
私もアンディとの出会いに心から感謝しています。
アンディが私や私達家族を変えた部分も たくさんあります。

応援 有難うございますv-435
ルナンポ楽しみにしてますv-22
  1. 2009/11/14(土) 15:07:42 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

No title

忘れてました。

処分になった子に名前を付けてました。

『アンディー』です。

ここに伺うきっかけになったのもそのためかも。

またお邪魔します。

今後とも、よろしくです。v-286
  1. 2009/11/14(土) 20:21:00 |
  2. URL |
  3. うーたん #N4sINcV. |
  4. 編集

うーたん様 こんばんは☆

そうだったんですか。
その処分になってしまった子に
【アンディ】と名づけられていたんですね。
最期に素敵な名前をもらったのねv-22
なのに・・・悲しいですね・・・
我が家のアンディ その子の分まで天寿全うします!!

こちらこそ今後とも宜しくお願いしますv-410
  1. 2009/11/14(土) 23:27:37 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/11/15(日) 07:09:23 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

鍵コメP様 こんにちは☆

共感して頂き 感謝していますv-410
NGではありません。
ぜひ お願いしますv-237
  1. 2009/11/15(日) 10:31:11 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kddiw43h.blog68.fc2.com/tb.php/63-2593c1ae

| ホーム |