Andy hello~アンディとキャプテン~

千葉県動物愛護センター出身 CACIから来たイングリッシュセターAndy 、そして お空に昇ったCaptainブログ  ☆ねぇ ママ…お手手とお手手を合わせて 南無したら キャプテンが消えちゃったんだよね。 それで お空に昇って 行ったんだよね。 あぁキャプテンがいたらなぁ…。 ほらっ!と空を指差す まぁ兄ちゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

心に届きますか?




【心に届きますか?ワン達の思い】
ダックス

先ほど動物病院に行き、院長先生から聞いて来たばかりのお話です。
これから書くことに何かを感じなかった方は、 動物は飼わないほうがいいのかもしれません。
動物病院で薬効の甲斐も無く、不幸にして亡くなった動物を 動物葬儀屋さんが引き取りに来るのだそうですが、 
その葬儀屋さんのご主人が、亡くなった動物を見て

「この犬は、心臓が悪くて亡くなったんですね。」と言われたのだそうです。

それを聞いた時は、偶然だろうと思って深く追求しなかったのだそうですが、
その次もまたその次も、死因となる病名を言い当てられたのだそうです。
さすがの院長先生も、

「我々獣医は、物言わぬ動物相手にエコーやレントゲン、その他いろいろの検査をやって初めて病名が解るのに、
どうして亡骸を見ただけでそんなに簡単に言い当てられるのですか!?」

するとその葬儀屋の御主人が言われたそうです。

『亡骸の傍らに魂が見えるのです。 この犬は、虐待で死んでいますね。
でも、飼い主さんのことを恨んではいなくて、今まで飼ってくれてありがとうって言っています。。。』

そして、こうも言われたそうです。

『ボクたち動物は、自分たちの置かれているすべてを受け入れるのです。例え虐待されて殺されたとしても、
それを素直に受け入れるのです。だから飼い主さんのことを恨んだりはしていません。
今まで育ててくれてありがとう。どんな時もどんなことがあっても、飼い主さんのことを信じているのですから。』

そんな魂の会話をして、安らかに天国に行って下さいとお祈りすると、亡骸の横にたたずんでいた魂が、
スーーッと上に昇っていくのだそうです。
またある日、その葬儀屋さんの御主人がICUの酸素ボックスの中の犬を見て、

『先生、この子、もう苦しいから楽になりたいって言ってますよ。そして、もうすぐお迎えが来るって言ってますよ。』

それを聞いた先生は、「それはないでしょ。。。 病状が若干ではあるけど持ち直しているんだけどなあ。。。」

それから二日目に、その犬は亡くなったそうです。
院長先生もその時ばかりは、魂の存在があるのではないかと 考えさせられたのだそうです。
このお話は、BAUの作り話でも絵空事でもありません。実際に動物病院の院長先生が体験された出来事です。 
みなさんは、どんなふうにこのお話を受け止めましたか?
これがもし、その通りだとすると、あのワンちゃんの人の心を見通すような 透き通った美しい瞳にも納得できるというものです。
彼らの純粋な穢れの無い心に、我々人間はどれだけ応えていけるのでしょうか? 
そのすべを持たないのは、鈍感な人間だけなのでしょうか。。。
もう一度、新たな気持ちでBAU犬と向き合って行こうと思う出来事でした。 

ポール
ブリタニースパニエル、ポール君

(上記記事はポール君のブログ目指せGUNDOGの星☆!ポール家様ブログより文転載致しました。
転載元はダックスブリーダーBAUママ様のブログです。)

ブリタニースパニエルの【ポール】君
かなりなイケメン君です!素敵ですね!ポインター、E.セターと同じくガンドックです。ドックスポーツで活躍中



この上記のお話を読んで恨まないから虐待していいという事でもちろん転載した訳ではありません
転載元のBAUママ様もおっしゃっております!
それ程に心が純粋なのだと伝えたかったのです。

私がいつもお邪魔しています所のお母様は 当ブログのコメントにこのような言葉を残してくださいました。

『捨てる人たち、管理センターに持ち込む人達に、犬達がどれだけ、情緒的に豊かな生き物であるかを知って欲しいとも思います。
寂しい、悲しい、楽しい、嬉しい・・・と思う感情は、人間と、全く一緒なんですよね。
人間にあって犬にない感情は、「憎む」という事だけでは、ないでしょうか??』

全く その通りですね。
南版ムツゴロウさんとでもいいますか、大型犬に囲まれて生活をなさっています。
いわば大型犬好きの私の憧れです。時間の都合で記事上のリンクの許可を得てはおりませんので紹介出来ませんが。。。
興味ある方は そのコメントを探してください。URL記載して下さってます。
お許し頂きました^^。Endless Farm の森 様です。たくさんの犬に囲まれた生活、ドックスポーツもなさっています




去勢手術後、初めて登場のキャプテン
お向かいの猫ちゃんを狙っているのです。その力はものすごく。。。去勢手術したばかりですよ~
キャプテン+002_convert_20100329203113



これ以上は前に進めないようにしていると・・・
『ちょっと!じじったら離してよ近くに寄りたいんだよ』
【じじ】初登場 じじとはお向かいのAさんです。
子供達共々、みぃんな お世話になっています。
よくアンディ&キャプテンを連れて立ち話をしていると、
『ほらほらオシッコだろ!?』と言ってオシッコに連れていって下さいます
キャプテン+003_convert_20100329203150



はい、では記念撮影
キャプテンは甘えつつも、猫ちゃんに夢中なのです
jijitoissho_convert_20100329203312.jpg


アンディのお向かいさん宅の猫を見つめる視線
Andy+288_convert_20090730173129.jpg



どんなに待っていても見向きもされなかったアンディの寂しい後ろ姿
Andy+289_convert_20090731141354.jpg Andy+712_convert_20100329211325.jpg
この写真は来て1ヶ月程の写真。アンディったらスマートですね~。       <現在のアンディ後姿>
現在は今は貫禄みなぎる25キロです



キャプテンも最近はご近所の皆様にお肉付いてきたねと言われます。左が来た当初、右が1ヵ月後です。
次回は抜糸の時に計測します。さて何キロになったかなぁと楽しみです♪
Andy+630_convert_20100329210409.jpg 11andyfamily+195_convert_20100329210502.jpg




この子達の お迎えは来ませんでした。
ラブ329千葉なし雌_convert_20100324202508 なし329雌ラブ千葉_convert_20100324202448
千葉のラブ2頭は引き出されるとの情報がありました。今度こそ幸せな道を歩んでいって欲しいです。



【現在収容されているガンドック・大型犬達】
※一部個人的に気になる子もガンドック・大型に限らず掲載させて頂いています。

3月29日現在                        
・千葉県動物愛護センター・
千葉センター
どの子も25日現在お声は掛かっていないそうです。預かり親様、里親様募集です。ちばわん愛護センターリポート(リンクしてあります)より詳しく御覧下さい。この子達のほかにもおります。

・群馬県動物指導センター・

セター群馬雌黄色ナイロン 発信機付き412 セター
桐生保健福祉事務所(桐生保健所) イングリッシュセター     
雌、黄色ナイロン製首輪、発信機付き
収容期限は4月12日


スパニエル 45雌おとなしい 
       動物指導センター スプリンガースパニエル       
              雌、首輪なし 収容期限は4月5日          

右側の子はコッカースパニエル?と明記されていますが、スプリンガースパニエルに間違いないだろうと思います。性格はおとなしいとの事です。


・東京都動物愛護相談センター・
東京330ゴル雌黒首輪赤黒リード付き
本所 ゴールデンレトリバー
黒首輪、赤黒リード付き、雌、収容期限は3月30日



早く飼い主様の元に戻りたいことと思います。
放浪期間が長いと容姿は変わります。そしてとんでもない遠くの土地にて発見されることもあります。
捜索範囲は広げてください。
埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬の各センターはリンクしてあります。お心当たりの方はご覧になって下さい。
そして電話だけではなく、必ご自分の目で確認してください。
迷子札・鑑札・マイクロチップなど帰れるものを身につけることが大事です!

収容されている子達が、みんなが家に帰れることを祈っています。
そして帰れずとも、新たな家族との出会い、里子として命を繋げられるように願っています。
このポスターに掲載されているような事のないようにしたいものです。
20100313115744910_convert_20100329221442.jpg

にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬へ にほんブログ村 犬ブログ 狩猟犬へ

ポチッと応援お願いします
スポンサーサイト


  1. 2010/03/29(月) 22:41:28|
  2. キャプテン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:20

アンディと兄弟 | ホーム | 里親様募集♪

コメント

心に届きますかの話
私の心に届きました
ワンコは亡くなっても健気なんですね
転載させてもらいます
  1. 2010/03/29(月) 23:57:50 |
  2. URL |
  3. オヤジぷー #- |
  4. 編集

以前繋ぎっぱなしのコリーを散歩させてもらえるよう
飼い主さんの許可を得た翌日
散歩に連れ出しにいったらそのコリーは倒れていました・・・
あまりにも私の後悔が大きく 彼女の気持ちを聞いてもらいました(眉唾な話・・・と受け取っていただいてもかまいません)
その時も彼女は恨み言ひとついうわけでなく・・・
生まれてくるときにこの境遇を選んだと言い切りました
飼い主さんとの絆がその根底にはありましたが
残念ながら飼い主さんは彼女の気持ちに応えてあげられなかった・・・
亡くなる数日間飼い主さんのごく近くで彼女が過ごせたことだけが「私の」救いでした
もしかしたら彼女はそのためだけに私を呼んだのかもしれないとも思いました・・・
私たちヒトは彼らから教えられることが本当に多いのだといつも思います

  1. 2010/03/30(火) 09:55:34 |
  2. URL |
  3. タロウの母 #- |
  4. 編集

オヤジぷー様 こんにちは☆

本当ですね。。。
生きている間も飼い主を憎むことなく
死んでも健気に感謝を述べて・・・
たくさんの方の心に届け!と願っています。
どうぞ宜しくお願い致します。
  1. 2010/03/30(火) 11:56:16 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

タロウの母様 こんにちは☆

動物と暮らすことは とても奥の深いものですね。。。
タロウの母様の話、BAUママの話・・・
そのコリーちゃんも、亡くなる数日の間、幸せであったと思います。

運命ってあるのだな!
自分の元に来る為の回り道であったかも知れないけれど 
今、一緒に生活できているのは絆で結ばれていたのだなと実感致しました。
『私たちヒトは彼らから教えられることが本当に多いのだといつも思います』
本当にそう思いますね。私も数多くの事を教えて貰いました。
これからも彼らから教えてもらうことは きっと山ほどあるんでしょうね。
  1. 2010/03/30(火) 12:04:17 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

ステキなお話です。

その葬儀屋さんは動物たちが選んだ人なんでしょうね。
私にもそのほんの少しでも力があったら・・・。

犬たちの気持ちが少しでもわかれたら・・・

写真を撮るとなぜか、大勢写ってきます。
そう、見えるのか?
そう、見たいのか?
車の写真を撮ると助手席には亡き愛犬たちが
写ります。
信じてるんです。
守ってくれてるって。
  1. 2010/03/30(火) 12:15:48 |
  2. URL |
  3. うーたん #N4sINcV. |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/03/30(火) 13:56:25 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/03/30(火) 14:50:37 |
  2. |
  3. # |
  4. 編集

はじめまして。
すごいお話ありがとうございました。
涙が止まりません。人は生きるために色んな贅沢品をほしがりますが、わんちゃん達はただ飼い主が好きで撫でてほしい、名前を呼んでほしい・・愛情だけを求めてくれますね、全てを受け入れ真っ直ぐに生きていますね。
そんなやさしい子達が毎日毎日ガス室で苦しみながら殺されなければいけないのでしょうか、いつになったら殺処分がなくなるのでしょう・・・私も少しづつですがボランティアに参加させて頂いています。
きっと優しい人たちの力でいつか殺処分0になる事を心から願っています。
  1. 2010/03/30(火) 20:52:32 |
  2. URL |
  3. よしこ #69Ur9rbI |
  4. 編集

お久しぶりです。

動物の健気な生き様に、涙がこぼれました。
一番愚かなのは、私たち人間ですね。
  1. 2010/03/30(火) 22:09:14 |
  2. URL |
  3. ねねまま #OJ8cLibY |
  4. 編集

うーたん様 こんばんは☆

私も思います。その力が私にあったのならと。。。
少しでも そのような気持ちに触れることができるなら
幸せですよね。
助手席に乗っているんですね^^。
守ってくれているんでしょうね。
私も似たような事でしたら経験があります。
だから その魂の話は本当だと思います。


  1. 2010/03/30(火) 23:28:51 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

鍵コメE様 こんばんは☆

リンク有難うございます!
素敵な家だと思います。
これ以上ベラベラ書くと鍵コメでなくなってしまいますね。。。
近いうちに そちらにてコメントさせて下さい。
  1. 2010/03/30(火) 23:35:21 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

鍵コメL様 こんばんは☆

信じますよ!!!
素晴らしいことだと思います。
私は自身の経験からも その存在を信じていますし、疑ってもいません。
『どのような子でも、「楽しかった。幸せだったよ。」と思いながら上の世界へ逝ってほしいです。総ての子を飼い主の元で、向こうへ送ってあげたいです。
それが叶わない今の現状に、憤りを感じます。』
同じ思いです。。。何とかならないものかと ずっと考えています。
命に対して軽く扱ってしまうことのないような罰ではなく、
上手く言えないのですが、扱わない考え方を植えつけていかなければならないと思います。
  1. 2010/03/30(火) 23:49:08 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

よしこ様 こんばんは☆

私も初めて出会う魂の言葉でした。
犬達に必要なものは煌びやかな贅沢品の数々ではありません。
彼らが求めているのは、飼い主(家族)の愛情だと私は思うのです。
だからこそセンターにいる子達を迎えに来て欲しいと思います。
どんな思いで 最後の その時を待っているのかなと思うと胸が苦しくなります。
よしこ様も携わっていらっしゃるのですね。
『いつか殺処分0になる事を心から願っています。』
同じく私も願っています。
  1. 2010/03/30(火) 23:54:02 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

ねねまま様 こんばんは☆

本当に読んでいて なんて健気なんだろうと
私も涙でした。
何度も何度も読み返しました。
純粋なその心を私達は傷つけていることに
早くたくさんの方が気づいて欲しいです。
  1. 2010/03/31(水) 00:13:31 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

こんばんは!ポール家です(^^)
本当に胸を締め付けられるような、ワンコ達の
お話ですね。魂が見えても、見えなくても、
それがあっても無くても良いと思うのです。
もし私にもそんな力があったなら、今の人間の
行いを知ってしまっている以上、生命を直視
することができなくなってしまいそうです。
ただ、BAUママ様のこの記事を読んで何かを感じることで、
生命に対する人間の純粋な気持ちが広がっていくことを願いたいです。
決して無理をする事ではなく、自分の出来る範囲で、
せめて自分のそばや、周りにある生命に対して純粋な気持ちで
接していきたいと私は思います☆
  1. 2010/03/31(水) 02:14:07 |
  2. URL |
  3. ポール家 #- |
  4. 編集

ポール家様 こんばんは☆

そんな風に思ってくれてるの!?
と驚きと感謝とが入り混じった感情になりました。
このBAUママ様の記事を読んで、また新たな気持ちで
犬との生活を歩んでいって欲しいなと思います。
このような葬儀屋様と同じ力を持つことが出来たのなら
たくさんの方に話してあげたいですね。
そして次の子を迎えるときの糧になればいいなぁと。。。
ただ、辛いことでもありますね。
『生命に対する人間の純粋な気持ちが広がっていくことを願いたいです。』
同じく そう願います。
私も無理をするわけではなく、自分の範囲内で頑張りたいと思います。

  1. 2010/03/31(水) 20:54:03 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

はじめまして

はじめてコメントさせて頂きました。
心に染み入るお話でした。人間も動物もあのような葬儀屋さんに出会いたいものです。
実は10日ほど前にCACIよりミルフィを家族として迎えるため、トライアルさせて頂いている者です。当然のことですが、ミルフィの一生を守る覚悟で引き受けたわけですが、このお話を読んで犬たちの純粋で健気な気持ちを尊重してやらねばと改めて思ったしだいです。
 アンディーやキャプテンと坊やたちの写真かわいいですね。いつも癒されています。
  1. 2010/03/31(水) 21:35:45 |
  2. URL |
  3. ミルママ #- |
  4. 編集

ミルママ様 こんばんは☆

はじめまして。
コメント有難うございますv-410
私も心に染みて何度も読み返していました。
本当ですね。あの葬儀屋さんのような方に出会ってみたいです。

そうでしたか!ミルフィちゃんのご家族様なのですね。
ならば尚更 嬉しいですねv-354
この記事をお読みになって このような言葉を記して下さって
ミルフィちゃんったら素敵なご家族に巡り合えたんだなぁと嬉しく思います。
『ミルフィの一生を守る覚悟』私も同じでアンディの一生を見守り看取る覚悟で
家族に迎えました。
動物を家族に迎える為の覚悟はとても大事だと ブログを始めて痛感致しております。
健気で純粋な子達はたくさんのプレゼントを私達に与えてくれると思います。
アンディからは大量のプレゼントを日々貰っています。

アンディ&キャプテン&1,2,3兄ちゃん達は今日も元気に一緒に遊んでいましたv-355
  1. 2010/03/31(水) 23:07:41 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

ええ話しや~

本日、とんでもないペット葬祭のタヌキ親父が逮捕されましたが、この葬儀屋さんはまさしく天職なんでしょうね。

こんな方に看送られるわんちゃんたちは幸せですね。

ところでキャプテンくん
頑張りましたね。
  1. 2010/04/07(水) 23:11:38 |
  2. URL |
  3. まりあんちのおやぢ #- |
  4. 編集

まりあんちのおやち゛様 こんばんは☆

返信たいへん遅くなりましたv-436
この方は何を考えてるんでしょうね。。。
とても素敵な葬儀屋様もいれば この様な葬儀屋もいて。。。
前者のような方に見送ってもらえるワンちゃん達は幸せだと私も思います。
後者は論外ですね。。。
シニア世代のキャプテン 頑張りましたv-91
術後に会った時とてつもないほど嬉しかったです。
家に帰ると慣れた布団の上でホッとした様子でした。
  1. 2010/04/09(金) 23:06:51 |
  2. URL |
  3. andy mama #- |
  4. 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kddiw43h.blog68.fc2.com/tb.php/207-73bd0a16

| ホーム |